月別アーカイブ: 2017年12月

剃るだけ!お家で簡単脱毛

体の毛が伸びてきて気になる。でも、脱毛サロンに行く時間もお金もない。そんな時におすすめなのが毛を剃る脱毛です。自宅で短時間で簡単に毛の処理が出来てしまいます。剃るやり方がよくわからない。
まず、シェイバーとベビーオイル(またはボディソープ)を用意します。シェイバーは毛を処理する際必要不可欠です。薬局やコンビニに売っています。ベビーオイルは肌が傷つくのを抑えるために使います。薬局や100円ショップにも売ってます。この二つが準備できたらいよいよ処理をしていきます。
剃る時は汚れてしまうのでお風呂場でやってください。まず初めにベビーオイルを手に取り、毛を剃りたい部分に塗っていきます。塗れていない部分があると肌荒れの原因になるので、塗り忘れがないようしっかりと塗りましょう。ベビーオイルが濡れたら次にシェイバーを使っていきます。シェイバーにも少しベビーオイルを付け、毛が生えている方向に向かって剃ります。逆方向に剃っても剃れますが肌が傷んでしまうので極力避けましょう。また、力を入れすぎると肌の表面が削れてしまいますので、力を入れすぎないようにしましょう。見えない位置も忘れず剃ります。毛が見えなくなったら脱毛完了です。
時間のない人やお金を節約したい人などにおすすめです。

脱毛と無駄毛を剃る行為の違いと肌への影響について

無駄毛はそのまま放置するとだらしなく伸びて見栄えが悪くなる他、汗や垢などの汚れが絡みついて不潔な状態になることがあります。対人関係に悪影響が及ぶ可能性もあるので、適切な方法で脱毛を行うのが社会的なマナーです。
脱毛の方法は毛抜きや専用のワックス剤を使って引き抜くのが一般的な方法ですが、毛根近くまで抜き取ることが出来る反面、時間がかかる欠点があります。また、無駄毛を抜き取る脱高処理は肌への刺激が強く、強い痛みを感じる他に毛穴の周囲が炎症を引き起こすことがあります。短期間に同じ部分の無駄毛を何度も抜き取ると刺激が慢性化して赤く腫れあがり、却って見栄えが悪くなることもあるので注意が必要です。
カミソリを使って無駄毛を剃る方法は引き抜く脱毛処理と比べて短時間で済むのが大きな利点です。カミソリを表皮に当てて撫でるだけで無駄毛を剃ることが出来る手軽な対処がメリットになる一方で、表皮に露出した部分だけの処理に留めるデメリットもあります。また、無駄毛を剃るのと同時に表皮もカミソリで削られているので、個人の体質によってはカミソリ負けになって肌荒れが生じるケースもあります。
脱毛処理を綺麗に仕上げるためには肌への刺激を軽減させることが重要なポイントです。それぞれの脱毛方法の長所と短所を正確に把握することが無駄毛処理と美肌維持の両立に繋がります。