ワキガと全身脱毛の関係

全身脱毛の入り口として初めての人に人気の脱毛箇所がワキですが、インターネットなどで「脱毛」「ワキ」などと調べると脱毛するとワキガか治る!やワキガになる!といった正反対の噂が流れています。ここでは、これらの噂について見ていきましょう。結論から言うと、全身脱毛やワキの脱毛をしたからといってワキガになったりそれが治ることはありません。ワキガは、アポクリン汗腺というところからでる汗が原因です。、その汗が皮脂や雑菌と混ざり合うことで独特のニオイが発生します。確かに毛根を刺激する脱毛ですが、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の量はその人の体質によってすでに決まっているので、脱毛によってアポクリン汗腺が増えたり減ったりすることはないのです。それでも、ワキガが治ったと感じる人がいるのはなぜでしょうか。ワキガは治らなくても、脇のムダ毛を処理することでニオイのケアやセルフ脱毛による肌のトラブルなどがなくなることで、ニオイを軽減することはできるため、それがきっかけで治ったと感じる人がいるのでしょう。一方ワキガになったと感じ人は、ワキの処理の仕方が変わった分ケアも変わったのでそれがきっかけでニオイの変化に敏感になったりするためにそう感じるのでしょう。全身脱毛やワキの脱毛をしてもワキガになったりそれが治ることはないので、ワキガのことについては考えないで安心して脱毛しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です